事故物件

不動産業界で言う事故物件とは、多くは、その物件内で孤独死や自殺、他殺や、事件、事故、火災に見舞われ、在住者が物件内で死亡した物件を事故物件と呼んでいます。
最もと言っても過言でない程、悩ましい問題です。

心理的瑕疵物件とも言われており、賃貸物件の場合は、家賃を下げることによって、入居者の経済的なメリットも有りますが、どうしても心理的デメリットもあるのが現状です。

なにより事故物件は貸すにも売るにも、事故があった事実を借主、買主に告知する義務がありますので、事故物件を売却しようとも、一般的に事故物件の需要は圧倒的に少ないのが現状であり、事故物件の扱いに頭を抱えるお客様も多いです。
処分の仕方は、所有している事故物件が、戸建かアパートか区分かによって変わってきますが、
なにより共通して言える事は、売却価格が周辺相場より2〜3割安くなってしまうのが悩みどころです。
状況によっては、5割も変わってしまう場合もあります。

不動産会社によっては、事故物件のような特殊性のある物件は力を入れない会社が多いのも事実ではありますが不動産は、事故物件であろうが、どんな不動産でも、活用方法はありますのでご安心ください。
弊社では、事故物件のような特殊性のある不動産を得意としており多数のお悩みを解決に導いて来ました。
事故物件のお悩みはお気軽にご相談ください。

事故物件の告知義務の期間はどのくらいですか?
過去の判例によっては10年であったり、告知義務に期限無し。という例もあり、告知義務は、避けては通れない問題です。
所有しているアパートで事故が起きてから、リフォームしても入居者が集まらず空室が目立ちます。どうすればいいのでしょうか?
近年、事故物件の噂は従来より広まりやすい傾向にあり、家賃を大幅に下げるか、それでも空室が埋まらない場合は、売却も視野に入れることが得策です。
事故物件を仲介業者に頼んで半年経ちましたが金額も下げたのにも関わらず買主が見つかりません。事故物件は売れないのでしょうか?
事故物件は売却可能です。ご安心ください。弊社では、これまで様々な事故物件のお悩みを解決へと導いてきました。所有者様の代わりに現地調査も行なっておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
所有しているアパートが事故物件になってしまい売却を検討しているのですが、まだローンが残っています。売却は可能ですか?
ローンが残っていても売却は可能です。ただしローンの残額と事故物件の売却価格の差が問題となってきます。そして事故物件は一般的な物件よりも価格が下がってしまう傾向にある兼ね合いもあり悩まれるお客様も多いとこではありますが、そのようなお悩みもお気軽にご相談ください。
Copyright 2020 あおぞら不動産管理