再建築不可

再建築不可ってなに?

再建築不可とは、文字通り、建物を取り壊して建て替えが出来ない物件の事を言います。家を建て替えようと思っても新築にすることができません。
建物を建てるための法律(建築基準法)では、建築基準法でいう道路(42条、43条参照)に2m以上接道していないと建物を建てられません。
上記の接道義務を果たしていなければ、再建築が認められず、建て替えができないということです。
その様な物件を再建築不可物件と言います。

接道義務

建築物の敷地は、原則として建築基準法上の道路に2メートル以上接していないといけない義務があります。2メートル以下の接道しか取れない場合は基本的には再建築不可な土地となります。

但し書き道路

43条但し書き道路と呼ばれるもので、これは建築物の敷地の周囲に広い空き地あるいはそれと同様の状況にある場合で安全上支障がないと認められた場合には必ずしも2メートル以上接道していなくとも良いと言われています。
空き地と言っても他人の所有土地などは空き地とはなりません。将来にわたって消防・避難等、安全上支障が無いことが条件であり、畑等であるからといって該当すると言うものでもありません。一般的には将来的にも空き地として確保されやすい公園・広場などが該当します。

条例による接道義務の付加

建築物の敷地に2メートル以上接していても安全上支障がある場合などは、その建築物の敷地が接しなければならない道路の幅員・接道の長さ・その他建築物と道路の関係についての制限に付加がかかります。

再建築不可物件は、様々な条件をクリアしないと家を建てられません。

少しでも疑問に思われることがありましたらお気軽にご相談ください。

saikenfu

再建築不可物件ですが売却できないと聞きました。リフォームもお金がかかるのでどうすればいいのでしょうか?
他人に土地を貸すだけでは、借地権は発生するとは言い難く、建物の所有目的があるかどうか、地上権かまたは賃借権かどうか?によって借地権が発生するかが判断されます。
借地権・土地賃借権・地上権の違いとは?
売却は可能です。ただ資産価値が下がるのは確かなので買い手がなかなか見つからないということで「売却できないことが多い」と言われています。再建築不可のような特殊な物件は不動産業者によって得意不得意があります。
再建築不可物件で、建て替えができないのでリフォームして増築はできますか?
増築する時は建築確認が必要ですから原則はできませんが、建築基準法の43条但し書きによる建築許可がとれた時は、可能です。
相続した物件を売却しようと思い調べたところ、家の前の道が水路であることが判明し再建築不可ということがわかりました。売却できないのでしょうか?
通常の不動産仲介会社では、再建築不可物件を得意としていなかったり、買い手がなかなか見つからないので敬遠されることは多いですが、弊社では再建築不可や特殊な物件を得意としており、長年のノウハウもありますのでお買い取りが可能です。
再建築不可物件の売却を数社断られました。諦めた方がいいですか?
諦める必要はありません。どのような理由で再建築不可なのか、その解決方法が存在するかなどを検討し、少しでも高値で売れるような対策を取ることが重要です。
Copyright 2020 あおぞら不動産管理