底地権

底地権とは?

底地とは、借地権付きの土地の事をいい、所有者が第三者に土地を貸し、地代収入を得ている土地の事を指します。地主様側からみれば貸している底地はあまり割の良い資産とは言えない現状があります。それは地代というものを考えてみると、その土地の資産運用利回りから考えてみて極端に低いからです。その上、地代の値上げ、借地建物の増改築の申出、借地契約の更新等どれ一つとっても借地人との煩わしい交渉が必要になります。

借地の契約を結ぶ際に地主が注意すべき点は?
普通の借地権はもちろん、定期借地権であっても建物を建てる人に土地を貸すとなると、借地人と長い関係になることを意味しています。普通の借地権の設定において必ず、契約書が必要となっているわけではありません。
将来の紛争を未然に防ぐために、契約書を締結しておくことがトラブル回避の一つの方法です。
相続をした底地は物納できるのか?
一定の要件を満たすことにより可能です。
地代の値上げは可能か?
不動産の時価は毎年変動します。契約時、適切な地代でも地主と借地人の間で合意があれば値上げは可能です。
借地を返してもらうことは可能ですか?
法律上では土地は地主の物ですが、借地人の権利は借地借家法という法律で守られています。地主が返してほしくても返してもらえるものではありません。
借地人との交渉か正当な理由をもって訴訟を提訴することで返却が可能となります。
生前の売却に要るメリットはあろうのか?
相続税の節税。納税資金の確保、また、借地人や相続人とのトラブル回避の一つにもなります。
地代を滞納されている場合、対処はどうすればよいか?
地代の請求をします。内容証明で請求をし、証拠を残せます。
それでも支払いがない場合、期間内に支払が無いことを条件とする証明で通知を致します。
Copyright 2020 あおぞら不動産管理