相続

土地や戸建、アパートやマンションを所有する方は、皆が皆マイホームや投資目的で購入しているばかりではありません。親から子へと相続によって所有している方がたくさんいらっしゃいます。親から譲り受ける場合、相続税という税金がかかってきます。居住していない不動産となると管理も大変になり、修繕費や固定資産税も払い続けなければなりません。相続で譲り受けた不動産が老朽化し空き家となっている場合、建て替えるお金もなく建物を取り壊して更地にしてしまうと税金が高くなってしまい、壊したくても壊せず、やむを得ず空き家を放置してしまうという事例も多く、一つの対策として活用しない不動産は早期売却がお勧めです。

まず不動産所有者の相続が開始すると、その相続人に所有権が移転します。不動産名義を変えるためには、相続登記の手続きが必要です。

相続登記をするには?
所有者が複数になり、1つの不動産に対して共有財産になりますので、建て替えや売却などを検討した際に共有者全員の承諾が必要になります。
相続をしたのですが、名義変更をしていません。問題ないでしょうか?
不動産の名義変更(相続登記)は名義人が亡くなっても、相続人に手続きをする義務はありません。義務がないので期限もありません。しかし名義変更しないと相続人が不動産を売却することや、不動産を担保にお金を借りることもできません。売却や担保を設定するには名義変更が不可欠です。名義変更をしないで、遺産分割協議書の作成も放置している間に、また新たな相続が発生した場合、相続問題が起こることがあります。
亡くなった親名義のままで今の家に住み続けることは可能ですか?
相続登記による名義変更には期限がありませんし、親名義の家に住み続けたとしても違法にはなりません。
しかし、長年放置すると、証明書の保管期限の関係で手続きに必要な書類が揃わないことがあります。その場合は、通常とは異なる特殊な手続きが必要になり、費用が増えることがあります。
故人名義の不動産を売却することはできますか?
相続登記を省略して、不動産売却は出来ません。故人の名義から相続人名義に変更する必要があります。

相続問題は一筋縄ではいかない問題ではありますが、弊社は社員一同、相続問題解決に特化しております。また、相続専門の税理士、司法書士、弁護士と提携しております。無料相談も受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

Copyright 2020 あおぞら不動産管理