空き家

既にご自宅を所有している状況で、相続により不動産を取得した場合などに、将来的活用計画をしないまま所有しつづけるケースが多く、国内の空き家は年々増えています。
空き家は非常に根深い問題であり、早急な対応が必要です。
一見活用が難しい物件でもご安心ください。必ずなにかしらの活用方法があり、弊社は数々の空き家問題の解決に取り組んで参りました。

問題
治安悪化、放火、不法侵入、害虫の発生など、様々な問題を引き起こす可能性を秘めています。火災が発生した事例も多くあります。
所有者は現地に行かない為、現状把握ができず深刻な問題へ発展してしまうケースも少なくありません。空き家は大きな社会問題になっています。

まず問題なのは、近隣からの苦情です。庭木や雑草の繁茂、隣地への越境、そして景観を著しく損ねます。植木の問題は、軽視しがちですが非常に深刻な事態を招く危険性を秘めています。

住む予定がない空き家があるのですがどうしたらいいか?
リフォーム、もしくはご売却の検討をオススメ致します。
空き家放置は問題ありませんか?
上記の通り放置は深刻な責任問題になりかねません。仮に放火が起きた場合、近隣に被害が及んだとき、責任の追及をされるケースは多々ございます。お使いになる予定がないのでしたら、ご売却をオススメ致します。以前までは土地上に建物が建っていれば固定資産税の減税対象となっていましたが、現在空き家に対する特別措置法が出来、空き家と認定された場合には税金の減免措置適用されなくなります。法改正には注意が必要です。ご所有者様に代わり現地調査を行うことが可能なので一度お問い合わせ下さいませ。。
相続した空き家を売却したいのですが数社の不動産業者に断られました。売れないのでしょうか。
売却は可能です。不動産業者に得意不得意があります。弊社では空き家問題を得意としており、たくさんのご相談を頂いております。お気軽にご相談ください。
空き家を放置すると、具体的にどのような問題が起こりますか?活用に悩むので多少放置していてもいいですか?
いくつかの条件が重なれば急激な劣化もあり得ます。庭の雑草は成長し、様々な虫の発生源となり、その虫を狙って他の虫、そして動物も寄ってくるようになります。特に猫の住処になってしまった場合や、果実のなる木がある場合は非常に危険です。梅雨や台風シーズンを迎えると劣化は一気に進み、雨漏りが発生した場合は木造の場合は木材が腐り、最悪の場合倒壊の危険性もあります。

空き家をご所有されている方や、近隣の空き家をご存知の方は、お気軽にご相談くださいませ。

Copyright 2020 あおぞら不動産管理