賃貸経営

アパートやマンションなどを貸し出す賃貸経営は、順調にいくと長期的に毎月安定した家賃収入を得ることができます。年金のように毎月、定期的に収入がありますので老後に生活資金として賃貸経営される方も多くいます。

それに、最近は相続税の改正があり、節税対策としても注目を浴びています。賃貸経営を始めるときには、一般的に金融機関から融資を受けることが多いので、初期投資が少なくても始めることができ、賃貸物件を買うことはそれほど難しいことではありません。
とても魅力的なメリットがありますね。しかし、当然デメリットもあります。

一番大きなデメリットとしては、空室のリスクです。入居者が入らないと当然、家賃収入が入らなくなり、もし借り入れをしていますと借金の返済が家賃収入で間に合わなくなる可能性も出てきます。空室のリスクが高まる要因は、立地や賃料の設定が大きく関わってきます。

もう一つは、老朽化のリスクがあります。建物の老朽化が進んでくると年々、手間も修繕費もかかるようになり、それとは反対に家賃は下がってきます。突然、やってくる地震や火災などの災害や入居者が亡くなられて事故物件になってしまう可能性もあります。

賃貸経営は、長期的な視点で考えて、立地や20~30年後にどのように街が変化していき、どんな暮らしをしていくのかを予測して計画しなければなりません。
長期的な計画になりますので、将来発生する相続のことも視野に入れて考えなければなりませんね。
節税対策で建物を建てたほうが良いのか、相続人が揉めずに遺産を分割してくれるのか、相続税を払うお金はあるのか。十分に計画を練る必要がありますね。

売却をしたいのですが、賃借人との関係性があり、立ち退き交渉ができません。
どうすれば良いのか。
ご所有者様に代わって、弊社で賃借人様との交渉等もすべて対応させて頂きます。
 賃借人様のご希望も伺い、移転先の斡旋、引越し費用負担など、双方納得の円満解決をさせて頂きます。
建物が老朽化してきていますが、建て替えの資金がありません。そのまま経営していっても問題ありませんか?
現時点で家賃収入があっても、空室が増え、家賃を下げなければならない状況になる可能性は高いです。築年数が経過すると、修繕費用なども多大にかかってくるため、採算が合わなくなってくる可能性があります。そうなってから考えるのでは遅いですね。
決断することは大変ですが、弊社にご相談いただければ、お客様にとって最善の提案をさせて頂きます。
賃貸経営をすると今後の生活に大きく関わってきますので、分からない事があれば、弊社にお気軽にご相談ください。
Copyright 2020 あおぞら不動産管理